AppDelete

プログラムと関連ファイルを一括アンインストール やり直しも可能

AppDelete(アップデリート)は、プログラムのアンインストールをサポートしてくれるツールです。AppDeleteを使うとプログラムを選ぶだけで関連ファイルを自動的に検出し、まとめてMacから削除することが可能です。AppCleanerなど類似のアンインストーラーにない「アーカイブ」やアンインストール作業の「やり直し」機能が魅力です。Mac内にプログラムが溜まってきたら、AppDeleteを使ってデータ整理をしてみてはいかがでしょうか。 完全な説明を見ます

賛成票

  • プログラムと関連ファイルをまとめてMacから削除できる
  • 間違って削除してもすぐにやり直しができる
  • プログラムファイルと関連ファイルをアーカイブできる

反対票

  • 画面やメニューが英語表記
  • メニューの文字サイズが小さいので見づらい

とても良い
8

AppDelete(アップデリート)は、プログラムのアンインストールをサポートしてくれるツールです。AppDeleteを使うとプログラムを選ぶだけで関連ファイルを自動的に検出し、まとめてMacから削除することが可能です。AppCleanerなど類似のアンインストーラーにない「アーカイブ」やアンインストール作業の「やり直し」機能が魅力です。Mac内にプログラムが溜まってきたら、AppDeleteを使ってデータ整理をしてみてはいかがでしょうか。

AppDeleteでのプログラム削除方法は簡単です。AppDeleteを起動したら、画面上に削除したいプログラムをドラッグ&ドロップしましょう。「Search」をクリックすると関連ファイルの検索を開始します。一覧が表示されるので、残しておきたいデータはチェックを外しておきましょう。「Delete」をクリックするとすぐにゴミ箱に移動します。間違って削除してしまったような場合は「Undo」をクリックすると、すぐにゴミ箱内からデータを復活させることができます。

AppDeleteでは、プログラムファイルと設定ファイルやキャッシュなどの関連ファイルをアーカイブすることも可能です。関連ファイルをまとめてZip圧縮して保存できるので、削除するかどうか迷ったときにはアーカイブしておくとよいでしょう。

AppDeleteは多機能なアンインストーラーですが、画面やメニューが英語表記です。また、メイン画面上の「Apps」や「Undo」などのメニューの文字サイズが小さいので見づらく感じられます。気になる場合は、日本語表記でメニューの文字サイズも大きいAppCleanerを試すと良いかもしれません。

AppDeleteはアンインストールのやり直しもできる、多機能なアンインストーラーです。

— ユーティリティーとツール —

AppDelete

ダウンロード

AppDelete 4.2.7